会議用テーブルの脚の形状

会議用テーブルの脚の形状 トピックス

会議用テーブルの脚の形状は、会議用テーブルのデザインを決定する上で重要な要素の1つとなります。

テーブル脚の形状は、おもに以下の2つが該当します。

  • スクエア型
  • パイプ型

スクエア型のテーブル脚

会議用テーブルでスクエア型のテーブル脚を採用しているものがあります。
スクエアとは四角形で、要するに角形の形状を採用した脚となります。

スクエア脚の会議用テーブルは、全体的にシャープなイメージとなります。
スクエア脚ではテーブル天板が必ず角形を採用します。
天板の角が丸みを帯びておらず、また、丸形や楕円形のテーブル天板では使用されることはほとんどありません。

スクエアのテーブル脚の本数は、一般的には4本脚となります。

 

パイプ型のテーブル脚

パイプ型とは、いわゆるスチールパイプを採用していた会議用テーブルです。
スクエア型を採用している会議用テーブルは少数となり、こちらのパイプ型が主流で一般的なテーブル脚の形状です。
ただし、スタッキングテーブルタイプのものは、スクエア脚の採用が多くなり、パイプ型のテーブル脚の種類は減ります。

パイプ脚は細めのものから太めのものまで多種多様となります。
エッジを丸くしたデザインとマッチし、また、丸形・楕円形等にも適したテーブル脚です。

テーブル脚の本数も、2本脚から4本脚まで揃います。

トピックス
テーブル (会議用)|オフィス家具のオーエス商会
個人の執務スペースを縛らないフリーアドレステーブルや、比較的大きな会場で使用されスタッキング収納できるスタッキングテーブルがあります。また、会議テーブルの脚の形状により、車輪の付いた移動に便利なキャスター式テーブル、移動させないで場所を固定して使用する固定式テーブル等のカテゴリがあります。折り畳んで収納できる折りたたみテーブルは別のカテゴリで取り扱っています。
折りたたみテーブル|オフィス家具のオーエス商会
折りたたみテーブルは、テーブルの脚を折りたたんで収納することができる会議テーブルです。会議室やミーティングルーム等の使用はもちろん、折りたたんで持ち運びができるため、室内外でのイベント・催し物での使用にも重宝します。テーブルの幅は1200mm・1500mm・1800mmの3種類、テーブルの高さは330mm(座卓)・700mmの2種類のバリエーションがあります。
会議用テーブルの通販Navi