2013-11

トピックス

キャスター付きの会議テーブルで柔軟なレイアウトに

会議用テーブルは脚の機能で分類すると、据え置き型の固定脚タイプ・車輪の付いたキャスター脚タイプ・折りたたんで脚を格納できる折りたたみ脚タイプに分類することができます。キャスター脚タイプは、頻繁に動かすことを前提としているため、会議室・ミーティングルームなどで柔軟なレイアウトに対応できる会議用テーブルです。
トピックス

会議用テーブルの呼称について

“会議用テーブル”という言葉があります。どういった家具を“会議用テーブル”と呼ぶのでしょうか。オフィス家具業界では、事務作業をするパーソナルな机を“事務机”や“デスク”と総称します。“事務机”や“デスク”は、ワゴンや引き出しなどの文房具や書類、ファイルを収納する家具が備え付けられているのが一般的です。一方で、“テーブル”という言葉は、ワゴンや引き出しなどの収納家具が備えられていない、天板と脚だけのシンプルな家具を指すことが多いようです。
トピックス

会議用テーブルの天板の形状について

会議用テーブルの形はどういったものがあるのでしょうか。会議用テーブルの形を印象づけるもっとも重要な部分は天板です。天板の形状によって会議用テーブルの印象が決まります。天板の形状は以下のようなものがあります。
トピックス

会議用テーブルサイズのいろいろ

会議用テーブルは、どういったサイズのものがあるのでしょうか。取り扱い商品のなかで、もっとも小さいサイズのテーブルは、幅650mm・奥行き450mmの1人用スタッキングテーブル。会議室などで組み合わせて使用するスタッキングテーブルでは、幅900mm・奥行き600mmがもっとも小さいサイズのテーブルとなります。もっとも大きいサイズのテーブルは大型のテーブルです。