会議用テーブルの天板の形状について

会議用テーブルの天板形状 トピックス

会議用テーブルのテーブル天板はどういったものがあるでしょうか。

会議用テーブルの形を印象づけるもっとも重要な部分はテーブル天板です。
天板の形状によって会議用テーブルの印象が決まります。

テーブル天板の形状は、おもに以下のようなものがあります。

角形(角型)の会議用テーブル

角形はもっともポピュラーなテーブルで、折りたたみテーブルに使用されます。
また、会議用テーブルを何列も並べて配置したり、コの字型に配置したり、正方形に配置したりする場合は、この角形のテーブルが使用されます。

丸形(丸型)の会議用テーブル

丸形はカフェスペースやリフレッシュスペースに適している天板形状です。
丸形にすることによって空間を柔らかい印象にすることができます。

楕円形の会議用テーブル

楕円型の会議用テーブルは、楕円形という呼び方の他に、タマゴ型舟形ボート型とも呼ばれます。

楕円形のテーブル天板は、デザイン性の優れたテーブルです。
会議室やミーティングルームに配置し、会議椅子をテーブルを取り囲むように置いたり向かい合わせで置いたりします。

会議用テーブルにどうやって人を座らせるかによって天板の形状が決まります。

トピックス
テーブル (会議用)|オフィス家具のオーエス商会
個人の執務スペースを縛らないフリーアドレステーブルや、比較的大きな会場で使用されスタッキング収納できるスタッキングテーブルがあります。また、会議テーブルの脚の形状により、車輪の付いた移動に便利なキャスター式テーブル、移動させないで場所を固定して使用する固定式テーブル等のカテゴリがあります。折り畳んで収納できる折りたたみテーブルは別のカテゴリで取り扱っています。
折りたたみテーブル|オフィス家具のオーエス商会
折りたたみテーブルは、テーブルの脚を折りたたんで収納することができる会議テーブルです。会議室やミーティングルーム等の使用はもちろん、折りたたんで持ち運びができるため、室内外でのイベント・催し物での使用にも重宝します。テーブルの幅は1200mm・1500mm・1800mmの3種類、テーブルの高さは330mm(座卓)・700mmの2種類のバリエーションがあります。
会議用テーブルの通販Navi