折りたたみ

トピックス

会議用テーブルの3通りの折り畳み方法

会議用テーブルのなかには、折りたたんで省スペースに保管ができるテーブルがあります。 その折り畳み方には、全部で3通りの方法があります。
トピックス

体育館・自治会館での使用(会議用テーブルはどこに置くもの?)

催し物が突然決まっても、定番型(スタンダードタイプ)の会議用テーブルである折りたたみ式テーブルを用意しておけば安心です。その場の目的や雰囲気に合わせて多様なサイズや色をお選びください。催し物が終わった後には、折りたたみテーブルを収納台車に入れることで、余分なスペースを要せず簡単に後片づけできます。
トピックス

折りたたみテーブルのバリエーション

折りたたみ会議用テーブルの種類は、用途別、天板のエッジ別、棚の有り無しで、大別することができます。用途別は、椅子で座る通常タイプの折りたたみ会議用テーブルと、畳敷きの座敷等に配置するのが座卓タイプの折りたたみ会議用テーブルとにバリエーションが分かれます。椅子に座って使う折りたたみ会議用テーブルは高さ700mm、座卓タイプの折りたたみ会議用テーブルは高さ330mmなのが一般的です。
トピックス

折りたたみテーブルをまとめて収納・移動するには

折り畳み会議用テーブルを保管する際、当然折りたたんで収納します。複数台の折り畳み会議用テーブルがある場合は、折りたたんで、さらに重ねて収納します。1台約15kgの折り畳み会議用テーブルを重ねて収納した場合は、たとえば10台縦に積んだとすると、150kgもの重量になります。
トピックス

折りたたみテーブルの安全な使用について

折りたたみ式会議テーブルを安全にご使用する上での、一般的な注意事項を説明いたします。折りたたみ会議用テーブルの天板にかかる付加、すなわち耐荷重は、約100kgで設定されていることが多いです。
トピックス

会議用テーブルの天板の形状について

会議用テーブルの形はどういったものがあるのでしょうか。会議用テーブルの形を印象づけるもっとも重要な部分は天板です。天板の形状によって会議用テーブルの印象が決まります。天板の形状は以下のようなものがあります。
トピックス

会議用テーブルサイズのいろいろ

会議用テーブルは、どういったサイズのものがあるのでしょうか。取り扱い商品のなかで、もっとも小さいサイズのテーブルは、幅650mm・奥行き450mmの1人用スタッキングテーブル。会議室などで組み合わせて使用するスタッキングテーブルでは、幅900mm・奥行き600mmがもっとも小さいサイズのテーブルとなります。もっとも大きいサイズのテーブルは大型のテーブルです。