講義室・講堂(会議用テーブルはどこに置くもの?)

講義室・大会議場は、パネル付きスタックテーブルが定番。
会議用テーブルのパネルとは、テーブルの前面(フロント)にある「幕板」です。

セミナーや講義、講演など、大人数が集まる講義室は、まさにレイアウトの柔軟性が最も重視される場です。大会議場もしかり。
そのような大広間には、簡単な出し入れや移動が可能なスタッキング式の会議用テーブルが最適となります。
スタッキング式の会議用テーブルにパネルを付けることで、お客様である聴衆がより安心して講義講演に参加することができるようになります。

コメントを残す