折りたたみテーブルのエッジ(天板の縁材)

折りたたみテーブルのテーブル縁材 共貼りの例 トピックス

会議用テーブル天板のエッジ縁材でも述べているように、テーブル天板は縁を縁材と呼ばれる材で巻かれています。
その縁材は、折りたたみテーブルについても、同じように巻かれており、カテゴリ分けとして重要な要素となっています。

折りたたみテーブルを選ぶ基準としては、おもなものにサイズ・価格、脚の形状等がありますが、天板のエッジ縁材も選択肢の一つとなります。

折りたたみテーブルのエッジ縁材には、以下のものがあります。

    • 共貼り
    • ソフトエッジ巻

共貼りは、折りたたみテーブルの代表的な縁材で、天板の素材であるメラミン化粧板と同じ材質を使用したものです。
天板と共用した材質を用いていることから共貼りと呼ばれています。

ソフトエッジ巻は、ソフトビニール等の弾力性のある材質でテーブル天板を一巻きしたタイプの折りたたみテーブルです。
このソフトエッジ巻タイプのテーブルは、テーブルの縁に溝があり、その溝にはめ込むように弾力のあるビニールで巻いてあります。そのため、ソフトエッジ巻のテーブル天板は角が丸くなっています。

共貼りタイプの折りたたみテーブルは角に丸みがなく長方形の形状ですが、ソフトエッジ巻は少し角丸の形状となります。
ソフトエッジ巻は、角が丸まっているため安全性が高く、角が傷つきにくく割れにくいのが特徴です。
価格帯は当然、共貼りと比較してソフトエッジ巻が高価となります。

トピックス
テーブル (会議用)|オフィス家具のオーエス商会
個人の執務スペースを縛らないフリーアドレステーブルや、比較的大きな会場で使用されスタッキング収納できるスタッキングテーブルがあります。また、会議テーブルの脚の形状により、車輪の付いた移動に便利なキャスター式テーブル、移動させないで場所を固定して使用する固定式テーブル等のカテゴリがあります。折り畳んで収納できる折りたたみテーブルは別のカテゴリで取り扱っています。
折りたたみテーブル|オフィス家具のオーエス商会
折りたたみテーブルは、テーブルの脚を折りたたんで収納することができる会議テーブルです。会議室やミーティングルーム等の使用はもちろん、折りたたんで持ち運びができるため、室内外でのイベント・催し物での使用にも重宝します。テーブルの幅は1200mm・1500mm・1800mmの3種類、テーブルの高さは330mm(座卓)・700mmの2種類のバリエーションがあります。
会議用テーブルの通販Navi