折りたたみテーブルの機構(クランク式・バネ式・スライド式)

折りたたみ会議用テーブル折り畳み機構 トピックス

会議用テーブルでは定番商品となっている折りたたみテーブル
この折りたたみテーブルの折り畳み機構(折りたたみ方)や形状には、いくつかの種類があります。

折りたたみテーブルの機構には、主なもので以下の3つがあります。

  1. クランク式
  2. バネ式
  3. スライド式

クランク式の折りたたみテーブルは、折りたたんであるテーブル脚を起こして使用するときに、手動で脚部をロックする機構となります。
クランク式機構では、クランク式以外の機構の部材に比べて小さく設計されており、折りたたみテーブルの脚間寸法が広く取れます。
クランク式折りたたみテーブル

バネ式の折りたたみテーブルは、テーブル脚を起こして使用する際に、バネの力を利用して脚部をロックする機構です。

スライド式の折りたたみテーブルは、テーブル脚を折り曲げる部分をスライドレールに滑らせるようにして窪みがある部分までスライドさせることで脚部をロックする機構となります。
スライドレールを使用しているため、テーブル脚の開閉が安全かつスムーズに行えます。

スライド式折りたたみテーブル

トピックス
テーブル (会議用)|オフィス家具のオーエス商会
個人の執務スペースを縛らないフリーアドレステーブルや、比較的大きな会場で使用されスタッキング収納できるスタッキングテーブルがあります。また、会議テーブルの脚の形状により、車輪の付いた移動に便利なキャスター式テーブル、移動させないで場所を固定して使用する固定式テーブル等のカテゴリがあります。折り畳んで収納できる折りたたみテーブルは別のカテゴリで取り扱っています。
折りたたみテーブル|オフィス家具のオーエス商会
折りたたみテーブルは、テーブルの脚を折りたたんで収納することができる会議テーブルです。会議室やミーティングルーム等の使用はもちろん、折りたたんで持ち運びができるため、室内外でのイベント・催し物での使用にも重宝します。テーブルの幅は1200mm・1500mm・1800mmの3種類、テーブルの高さは330mm(座卓)・700mmの2種類のバリエーションがあります。
会議用テーブルの通販Navi