会議用テーブルサイズのいろいろ

会議用テーブルは、どういったサイズ・寸法のものがあるのでしょうか。

取り扱い商品のなかで、もっとも小さいサイズのテーブルは、幅650mm・奥行き450mmの1人用スタッキングテーブル。会議室などで組み合わせて使用するスタッキングテーブルでは、幅900mm・奥行き600mmがもっとも小さい寸法のテーブルとなります。

もっとも大きいサイズのテーブルは、幅4800mm・奥行き1200mmのタイプが該当します。この大きいサイズのテーブルは、天板が4分割(幅1200mm×奥行き1200mmが4枚)となる大型のテーブルです。

会議用テーブルの 幅(間口)には、どういったサイズのものがあるのでしょうか。

もっとも一般的なテーブル幅は、1800mmとなります。ラインナップとして一般的なものは、小さい方から900mm・1200mm・1500mm・1800mm・2400mm・3200mmがあります。
折りたたみテーブルではその機能の特性上、最大の幅は1800mmに限定されます。その他は、1500mm・1200mmが一般的ですが、幅1200mmとなると、折りたたみ式の脚が700mm程度なため折りたたんだ際に脚が重なって収納する形状となります。

それぞれ、会議室・ミーティングルームでの用途や利用人数を考慮したサイズ設計・寸法設計が施されています。

コメントを残す