会議用テーブルの天板カラー(色)の種類

折りたたみ会議用テーブルは、以前から、チーク色ローズ色ホワイト色の3色が代表的なカラー名称として存在します。
チーク色とローズ色は、ともに木目がデザインされたカラーで、色の濃淡で呼び分け、色が濃い方がローズ色、淡い方がチーク色となります。
メーカーによっては、メープル色などの新しい色を取り入れた折りたたみ会議用テーブルもあります。

一方、会議室・ミーティングスペースなどで使用されるスタッキング式や固定式の会議用テーブルのカラーバリエーションはさまざまです。
最近は、ホワイト色の天板が好まれる傾向にあります。
従来は、ホワイト色よりも汚れが目立ちにくいライトグレー色ニューグレー色が人気でした。
デスクや書庫などもホワイト色が主流になりつつあり、会議用テーブルもそれに併せて、よりオフィス内を明るくしたいというトレンドがあるようです。

メラミン化粧板の木目調カラーのバリエーションは、濃い木目と薄い木目に大別されます。
重厚感を出したいシチュエーションには、濃い木目調の会議用テーブルが採用されます。濃い木目はマホガニー色ダークブラウン色などと呼称されます。
薄い木目は、無垢をイメージした明るい木肌を感じさせるもので、木の名称からオーク色メープル色ナチュラル色などと呼ばれます。

[myphp-button]

コメントを残す