折り畳み会議用テーブルの重さ

折り畳み会議用テーブルの重さ

折り畳み会議用テーブルは、使用しないときには畳んで収納するため持って動かすことが大前提の会議用テーブルです。
そのため、他の会議用テーブルよりも重量が選ぶ要素として重要となってきます。
折り畳み会議用テーブルの重さの平均はおよそどれくらいなのでしょうか。

最も普及している幅1800mm×奥行600mm×高さ700mmの折り畳み会議用テーブルの重量は、約18kg。
同じく普及品の幅1800mm×奥行450mm×高さ700mmの折り畳み会議用テーブルの重量は、約14kg。
奥行600mmタイプは、幅が1500mmになると、上記の重さに約2.5kg減、幅が1200mmになると約5kg減。
奥行450mmタイプは、幅が1500mmになると、上記の重さに約1.5kg減、幅が1200mmになると約3kg減。

折り畳み会議用テーブルのバリエーションによって、棚付きのものや幕板(パネル)付きのものがありますが、当然その分重量が増します。
目安として棚は約1kg。幕板は約1.5kg。

上記重量はあくまでも、折り畳み会議用テーブル商品のカタログ上の重量目安となります。

[myphp-button]

会議用(ミーティング)テーブルの天板メラミン加工

会議用(ミーティング)テーブルのメラミン塗装加工

会議用テーブルやミーティングテーブルの天板は、よごれを落としやすいメラミン塗装を施してあるのが一般的です。
コーヒーや水をこぼしても、パーティクルボード等の木に染み込むことがありません。

ホワイト色の会議用テーブルの天板では、当然白色ですので、多少汚れが目立ちやすいですが、メラミン塗装加工のおかげで水ぶきでさっと汚れが落とすことができることが多いです。(※落ちにくい汚れはシンナーや界面活性剤入りの洗剤等で落ちます)

会議用テーブルは多数の人が使用する什器。メンテナンスのしやすいメラミン塗装加工が役立ちます。

[myphp-button]

集会所に最適な座卓式折りたたみ会議用テーブル

自治会集会所に最適な座卓式折りたたみ会議用テーブル

自治会館や集会所の畳敷きの座敷等に配置するのが座卓式折りたたみ会議用テーブルです。

座卓式折りたたみ会議用テーブルは、高さが通常の折り畳み会議用テーブルのサイズ700mmではなく330mm程度に設計されています。
正座や胡座をかいた際にジャストサイズなのがこの高さとなります。

幅のサイズも1200mm・1500mm・1800mmと豊富で、畳敷きスペースの大きさに合わせて最適な座卓式折りたたみ会議用テーブルをお選びいただけます。

また、廉価版の4本脚タイプの座卓式折りたたみ会議用テーブルではなく、畳が傷つきにくく設計されたコの字型2本脚タイプもあります。
変わり種商品としては、高さ700mmと高さ330mmの両方が兼用できる、座卓兼用会議用テーブルというものもございます。

[myphp-button]

アジャスター(水平調節器)で会議用テーブルを安定して設置

アジャスター(水平調節器)で会議用テーブルを安定して設置

オフィス家具(JOIFA家具)の会議用テーブルは、キャスター式会議用テーブル以外、基本的にはアジャスターが脚に付いています。※逆にいうと、アジャスター付きでない会議用テーブルはあまり質のよいものではありません。
折り畳み会議用テーブルでもアジャスターは必須の機能です。

アジャスターがあることで、床に微妙な凹凸があっても、水平に安定して置くことができます。
水平に会議用テーブルを置かないと、使用していても歪みを感じたり、ぐらついたりして使い心地は芳しくありません。

アジャスターは一般的には、床と脚が接する部分に取り付けられており、丸形で回して調整するようになっています。

組み立て式(4本脚の固定式)の会議用テーブルでは、テーブルを組立て終えた後は忘れずに床と接している脚部のアジャスターを回して水平調整しましょう。

[myphp-button]

会議用テーブルを応用したフリーアドレステーブル

会議用テーブルを応用したフリーアドレステーブル

ここ10年ぐらいのオフィスの主流は、フリーアドレステーブルを使用する環境に変わりつつあります。

このフリーアドレステーブルは、もともとあった会議用テーブルを応用した形態の家具ということもできます。
会議用テーブルにワゴンをセットすればフリーアドレステーブルが完成します。
平机(平デスク)を間口方向を広げて伸張したものということもできますが、フリーアドレステーブルには平机のように引き出しはありません。
大型の4本脚会議用テーブルで長方形角形天板のものであれば、どれもフリーアドレステーブルになります。ただし、フリーアドレステーブルにはノートPCを上に置くのが一般的ですので、コンセントBOX付きの会議用テーブルが望ましいです。

[myphp-button]

折り畳み会議用テーブルをまとめて収納・移動するには

折り畳み会議用テーブル台車

折り畳み会議用テーブルを保管する際、当然折りたたんで収納します。
複数台の折り畳み会議用テーブルがある場合は、折りたたんで、さらに重ねて収納します。1台約15kgの折り畳み会議用テーブルを重ねて収納した場合は、たとえば10台縦に積んだとすると、150kgもの重量になります。
150kgにもなると動かそうとしてもとても簡単には動かすことはできません。

重ねて収納した折り畳み会議用テーブルを移動するのに活躍するのが、折り畳みテーブル専用の台車です。
この台車を使用すると、きれいに収納ができます。
なおかつ、大型径のキャスターが付いていますので、移動が楽々です。

[myphp-button]

役員用会議用テーブルは落ち着いた色調で

会議用テーブルとしての役員用テーブル

役員が使用する会議用テーブルや会議用チェアーはシックで落ち着いた色調で統一したいところです。

役員用の会議用テーブルでは、ダーク系木目調の色合いが好まれます。
カラーの名称をあげると「ダークブラウン色」「マホガニー色」「ブラウン色」等です。

会議用テーブルの脚は、ずっしりと重たいイメージのデザインで太いスチールパイプ。
4本脚でしっかりスタンドしているテーブルが役員用テーブルとしてはマッチします。

会議用テーブルはダークブラウン系の木目調、会議用チェアーはブラック系の肘付きチェアーがセオリーです。

[myphp-button]

会議室内でノートパソコン等を置く机(会議用テーブル)

コンセントが収納できる会議用テーブル

昨今の会議・ミーティングシーンでは、ノートパソコン等の端末を持って参加するのがふつうです。
各メーカーも情報化社会にあわせた会議用テーブル商品が製作されています。

代表的なのが、コンセントを下から通すコードホールが付いた会議用テーブル。
こちらは単純に天板にホール(穴)が空いたものとコンセントを収納できるコンセントボックスが付いたものがあります。
当然ですが、コンセントボックスが付いたタイプの会議用テーブルの方が、コンセントを天板の上に置かなくて済むため、使い勝手が良く、より広いミーティング空間が生まれます。

コンセントがビルトインされている 会議用テーブルもあります。
天板やその脇にコンセント挿入口がありそこから電源供給ができます。

[myphp-button]

コンパクトなミーティングテーブルでスタイリッシュに

コンパクトなミーティングテーブルでスタイリッシュに。コンパクトな会議用テーブルがおすすめ!

小さなスペースで活躍する一人掛けのコンパクトなミーティングテーブル。
何台もの組み合わせで自由に空間をレイアウトできるのが特長です。
大学の講義室や会議室のさまざまなスタイルに適応できます。

平行スタッキング仕様のコンパクトな会議用テーブルか、上に積み重ねできるタイプのスタッキングテーブルか、用途にあわせてお選びいただきます。
平行スタッキング仕様の会議用テーブルは、天板をワンタッチでコンパクトに収納できるすぐれもの。もちろん、キャスター式ですのでテーブルを楽々移動可能です。

このテーブルで、人が集まる場所をコンパクトなミーティングテーブルでスタイリッシュに魅せることができます。

[myphp-button]