キャスター付きの会議テーブルで柔軟なレイアウトに

キャスター付き会議用テーブル

会議用テーブルは脚の機能で分類すると、据え置き型の固定脚タイプ・車輪の付いたキャスター脚タイプ・折りたたんで脚を格納できる折りたたみ脚タイプに分類することができます。

キャスター脚タイプは、頻繁に動かすことを前提としているため、会議室・ミーティングルームなどで柔軟なレイアウトに対応できる会議用テーブルです。

キャスター脚タイプの会議用テーブルは、キャスター部分にストッパーが必ず付属されているため、ストッパーをかけることにより固定脚にも早変わりすることができます。

テーブル自体の安定感からいうと、固定脚が当然もっとも安定した脚の作りとなり、細い脚が一般的な折りたたみ脚タイプがもっとも安定感に欠けます。キャスター脚タイプはその中間の安定感というところです。

キャスター脚タイプでポピュラーなスタッキング式テーブルを使用すれば、長方形の天板の組み合わせによって、大人数にも対応できる柔軟なレイアウトが可能となり、ミーティングに参加する人数が少ないときでもテーブルをスタック(平行または水平に重ねること)することで会議室の端に余分なテーブルを寄せることができます。
このようなレイアウト変更の際でも、固定脚や折りたたみ脚タイプでは持ち上げる必要がありますが、キャスター脚タイプではストッパーを解除してテーブルを手で押すだけという簡便な方法で移動することが可能です。

[myphp-button]

会議用テーブルの呼称について

会議用テーブルロゴマーク

“会議用テーブル”という言葉があります。どういった家具を“会議用テーブル”と呼ぶのでしょうか。

オフィス家具業界では、事務作業をするパーソナルな机を“事務机”や“デスク”と総称します。
“事務机”や“デスク”は、ワゴンや引き出しなどの文房具や書類、ファイルを収納する家具が備え付けられているのが一般的です。
一方で、“テーブル”という言葉は、ワゴンや引き出しなどの収納家具が備えられていない、天板と脚だけのシンプルな家具を指すことが多いようです。

“テーブル”という言葉を使った家具の種類は、それこそピンからキリまであります。
“テーブルシステム家具”、“ミーティングテーブル”、“会議用テーブル”、“グループテーブル”、“リフレッシュテーブル”、“ラウンジテーブル”、“食堂用テーブル”“レセプションテーブル”“応接用テーブル”などなど。

要するに、天板と脚をセットした家具をその利用用途に分類し、それぞれに名称を付けていることになります。付け方次第では、さまざまなバリエーションで呼ぶことができるわけです。ひとつ共通点を挙げるとすれば「多人数で利用する用途」に使われる点。この点で“事務机”、“デスク”と明確な違いがあるのです。

オフィス家具業界では “テーブル”という名称は、会議やプレゼンテーションに使用される“会議テーブル”を指すことが一般的です。
とりわけ代表的なもので、“会議テーブル”と聞くとすぐ頭に浮かぶ“テーブル”といえば、“折りたたみ式角型”の“テーブル”を指すことが多いようです。

[myphp-button]